ラーメン

【下北沢】麺と未来のモチモチ麺に驚愕!行列の待ち時間も紹介【混雑必至】

ミシュランを取得している下北沢の人気店「麺と未来」を訪問してきたので、以下の内容を記事にまとめます。

・麺と未来へのアクセス、営業時間

・麺と未来は行列ができている?待ち時間は?

・麺と未来の「特製塩らーめん」「炙り肉飯」

やんくに
やんくに
今まで食べたことのない斬新なラーメンでした!

麺と未来:アクセス、営業時間

麺と未来は小田急、京王井の頭線の下北沢駅より徒歩で3分あれば到着します。

出口さえ間違えなければ(北口)、ほとんど直進なので迷うことはないでしょう。

営業時間は以下の通りです。

【火曜~日曜】

11:30~14:30

18:00~麺・スープ切れまで(21:00頃)

【月曜日】

11:30~14:30

※月曜日は醤油らーめんで昼営業のみ、麺・スープ切れ次第終了

塩らーめんが食べたい場合は月曜日は避けて行くようにしましょう。

麺と未来:行列は?どのくらい待つ?

参考までに、私が訪問した時間と待った時間を以下に記載します。

曜日:日曜日

時間:12時30分

待機列:19人

待機時間:38分

約20人の待ちがあったのに38分で入店できたので、回転率は平均的ですね。

やんくに
やんくに
ビックリしたのは、着席してから2分でラーメンが出てきたこと!

麺と未来:メニュー

基本的には塩らーめんのみとなります。

トッピングとして「味玉を追加」するか、「海老ワンタンを追加」するか、「味玉と海老ワンタンと肉全てを追加」するかを選べます。

やんくに
やんくに
今回紹介するのは全部増しの塩らーめんです

えこひいき常連証がある

麺と未来は基本的に並んでいるので、回転率を良くする為に注文は待機中に聞かれます。

「背脂煮干らーめん」などの限定商品を注文したい場合、えこひいき常連証を200円で購入する必要があるようです。

買った当日から使えるので、気になる人は待機中に注文を聞かれたタイミングで買いましょう!

麺と未来:店内の雰囲気

店内は木目調のカウンターが1列になっており、9席しかありません。

卓上の調味料は胡椒だけですね。

店内に入って目にはいるのは、自慢の麺を打っている作業場です。

やんくに
やんくに
単純だけど、こういうの見るとテンションあがりますね!

麺と未来:特製塩らーめん

今回私が注文したのは「特製塩らーめん」です。

スープの透明度が凄すぎて味に不安がありましたが、一口すすれば不安は消し飛びました。

これは美味い。

鶏の旨味も活かした魚介ベースのスープで、塩味もそれなりに感じることができます。

麺について

麺と未来の主役といえば「麺」ですね。

事前に調べたので、麺が太いのは知ってたものの、現物は予想を越える太さで驚愕しました。

見た目のインパクトに負けず、「これはラーメンですよ」と教えてもらってから食べないと、うどんだと勘違いするモチモチ食感が美味しいです。

やんくに
やんくに
うどんというより、すいとんの食感に近いかな?

トッピングについて

チャーシューは薄めにスライスしているけど、食べてみれば分かるスープとのマッチ具合です。

喜多方ラーメンに乗っているようなチャーシューに似てますね。

海老ワンタンというからには海老感は必要不可欠ですよね?

麺と未来の海老ワンタンは「海老風味ではなく、ちゃんと海老」です。

やんくに
やんくに
海老ワンタンとスープだけでご飯いけそう

ご覧のように味玉のゆで加減も最高です!

麺と未来:炙り肉飯

麺だけに気をとられがちだけど、「炙り肉飯」も最高でした!

ライスに肉をのせ、提供する直前にバーナーで炙るので、口にいれたときの香ばしさが食欲をそそります。

やんくに
やんくに
肉が惜しむことなくギッシリのっててボリュームにも満足!

味玉をのせると更に美味い

やりたい衝動に負けて、ラーメンにのってた味玉を炙り肉飯にのせたら大成功でした。

この為に味玉頼んだ気になるぐらい、味玉と炙り肉飯はベストマッチです。

炙り肉飯と塩らーめんのスープも合うので、スープをかけてお茶漬け感覚でかきこむのも最高!

麺と未来:終わりに

枠に囚われない新しいラーメンでした!

勿論ラーメン好きにオススメなんだけど、うどんやおもち、すいとん好きにも食べてほしい斬新なラーメンですね。

やんくに
やんくに
また行きます!
こちらの記事もおすすめ!