ラーメン

「麺や七彩」八丁堀駅で下車してから約3分で食べれる絶品喜多方ラーメン

ご飯時をずらしても行列必至

 

八丁堀駅のA5出口を出てから徒歩で約3分で「麺や七彩」には到着します。

 

私が訪問したのは日曜日だったのですが、平日も土日関係なく行列が出来るという情報があったので

ご飯時を少しずらすことにしました。

14時頃に訪問したところ、先客が店の外に4人と店の中に3人待ちがいました。

店の外からは見えなかったので最初は分かりませんでしたが、8番目かと思っていたら店の奥に待ちのスペースがあり、そこに6~8人待ってました。

なので、14時頃に訪問したのに関わらず大体15番目くらいでした。凄い人気ですね。

 

待ち時間は外に置いてあるメニューを見ていたのであまり退屈はしませんでした。

 

 

店の外には看板も出ていました。

 

 

 

 

注文を受けてから麺を打つこだわり

 

店内に入って、まず目にするのは麺を打っている店員でした。

注文を受けてから打っているのは初めて見たので麺に対する強いこだわりを感じました。

小気味良い音が店内に響いていて期待が高まります。

 

注文は、喜多方肉そば(醤油)¥1,070 か 喜多方肉そば(煮干)¥1,070 でどちらにするか悩みましたが、喜多方ラーメンで煮干しというのは初めてだったので煮干しにしました。

ついでにちゃーしゅー飯 ¥200 も注文。

ちなみに14時頃に到着して着席するまでは約30分でした。

 

 

まずちゃーしゅー飯がきました。

 

 

ちゃーしゅー飯は山椒が非常に効いています。

大抵のラーメン屋で提供されているちゃーしゅー飯の類はタレがかかっており、お好みで七味等をかけるイメージだったので一口目の山椒にインパクトを感じました。

勿論ちゃーしゅーはホロホロで美味しいです。

 

ちゃーしゅー飯を食べているとすぐに喜多方ラーメン(煮干)がきました。

 

見た目からして濃厚そうです。

 

まずスープを一口啜ってビックリ。

見た目ほどのしつこさはありませんでした!これなら飲み干せそうです。

店内での手打ち麺というインパクトに気を取られましたが、スープも負けてません。

口に含んだ瞬間に煮干しの風味が口に広がり、しっかり煮干しを感じつつも苦味が多くない絶妙なバランスです。

はっきりいって完璧です。

 

麺は平打ち麺でこちらも美味しそうです。

麺は絶妙なコシがあり、平打ち麺でスープとよく絡んでスルスル口に入っていきます。

店内で手打ちしているだけあってコダワリ強く感じます。

 

そして、肉そばにしたからにはかなり期待しているチャーシュー。

全体にちりばめられている方が柔らかい豚バラで、中央にあるのがロースでした。

両方共に非常に美味しく、来店した際は是非肉そばを頼むことをおすすめします。

 

 

多少待つことにはなると思いますが、行列に並んででも食す価値のある一杯です!

 

 

店名:麺や 七彩 八丁堀店
住所:東京都中央区八丁堀2-13-2
時間:月~金(昼)11:00~15:30 / 月~金(夜)17:30~22:30 / 土日祝11:00~21:00
休日:第3火曜日

 

↓麺や七彩さんは通販もやっているようです。

https://shichisai.com/

こちらの記事もおすすめ!