運動競技

カーリング体験の服装は?実際に体験した感想を合わせて紹介します

「カーリング体験してみたいな!」

「カーリング体験って誰でもできるの?」

「カーリング体験するときの服装は?」

と考えていませんか?

実際にカーリング体験をしてきたので、そのときの内容をまとめます。

具体的には「申し込み方法から当日の流れ」「体験するときの服装」について解説していきます。

やんくに
やんくに
カーリング体験はかなり面白かったからオススメ!

カーリング体験とは?

カーリング体験は、各都道府県にある「クラブ」や「協会」「施設」が開いています。

クラブ、協会、施設の例

東京→東京カーリングクラブ

軽井沢→軽井沢アイスパーク

千葉→千葉県カーリング協会

北海道や栃木など探せば他にも色々あり、予約さえすればカーリング体験は誰でも受けることができます。

ちなみに、私が体験したのは「東京カーリングクラブ」です。

申し込み方法

実際に申し込む場合は、受けたい協会・クラブ・施設の公式ホームページからとなります。

開催日は決まっており、月2回だったり1回だったりするので、お目当ての日付が決まったらこまめにチェックしましょう。

やんくに
やんくに
テレビで人気が出てからは定員が埋まりやすいらしい

完全に初心者用の体験もあれば、2回目以降の人用もあるので、間違えないように注意が必要です。

カーリング体験時の服装は?

体験と観戦時の服装はまるで別物です。

カーリング観戦に必要な持ち物まとめ!服装には特に気を付けよう!「カーリング観戦したいな」「カーリング観戦に必要な持ち物ってあるの?」と考えていませんか?毎年カーリング観戦に言っている経験から、持っていかないと後悔する物を紹介していきます。この記事を読むことで、快適にカーリング観戦することができるようになります。...

体験するときの基本的な考えとして、動きやすい格好をしていけば問題ありません。

服装は以下の通りになります。

①:ニット帽などの帽子

②:運動しやすい服装(上下ジャージが理想)

③:運動靴(底がゴム製)

④:滑り止め付きの軍手

転倒を前提にして、汚れたり濡れたりしても良い格好をしていきましょう。

運動している間に暑くなる可能性があるので、インナーも動きやすい格好がベストです。

ちなみにブラシなどの用具については、貸し出しがあるのでそちらを利用します。

カーリング体験の内容

カーリング体験は、身構えるような難しい内容をやるのではなく、一般的な入門コースと同様の内容をやります。

実際に体験した内容

①道具の名前やルールについて教わる

②基本姿勢を教わり、実践

③ストーンを投げてみる

④ミニゲーム形式でストーンを投げる役だけやる

実際はもっと丁寧に細かく教えてくれますが、ざっくりまとめると、このようになります。

体験して驚いたこと

実際に体験して驚いたことが2つあります。

まず1つは「ブラシでこすりながら滑るのは初心者には無理」ということです。

ストーンが速すぎて付いていけないですし、無理に付いていこうとするとこけます。

やんくに
やんくに
私はブラシでこすらなくても追いつきませんでした…!

 

もう1つ驚いたのは、「上の画像のように、ストーンを投げるときの姿勢が作れない」ことです。

今まで使ったことないような筋肉を使うので、バランスを崩してこけるか足をつるかの二択でした。

やんくに
やんくに
何気なく投げているけど、筋肉と柔軟性が必要だと実感!

参加者はまさかの2名だった

余談ですが、私が参加したのは「ロコソラーレ」が注目を浴びる前だったので、参加者は私と小学生くらいの女の子だけでした。

やんくに
やんくに
大人が参加するものじゃないのか?

なんて思ってたけど、今では大人にも大人気なようですね。

テレビで騒がれている時期だと、すぐに定員オーバーになるとのことなので、早めに予約しましょう!

カーリング体験:まとめ

この記事の内容をまとめます。

・カーリング体験は「クラブ、協会、施設」が開催しており、公式ホームページから予約することで出来る

・転倒を考慮した動きやすい服装ならOK(帽子、上下ジャージ、運動靴、滑り止め加工軍手)

・体験する内容は完全初心者向けなので、誰でも安心して参加できる

・早めの予約がオススメ

実際にやってみた感想として、カーリング体験はめちゃくちゃ面白いです。

体験してからカーリング観戦すると、選手の凄さが改めて分かります。

絶対に面白いので興味があるなら、カーリング体験をしてみましょう!

やんくに
やんくに
そのままカーリングを始めちゃっても良いですね!