資格

一度落ちた人必見、乙4を独学で合格する方法!難易度もご紹介。

危険物取扱者乙種4類は独学で合格できる

 

私は高校生の頃に危険物取扱者乙種4類を受験して落ちています。

理由は簡単で危険物取扱者乙種4類の勉強を一切しなかったことです。

ですが、約10年経った2018年に再度受験することにし、見事に合格しました。

その時の点数は法令(90%)物理・化学(90%)、性質・消化(90%)で想定より良い点数が取れました。(綺麗に各科目1問ずつ不正解ですが

 

 

ここ数年の合格率は?難易度は上がっているのか?

 

まず、ここ数年の合格率ですが

 H29 34.4%
  H28 28.9%
  H27 29.4%
  H26 29.2%
  H25 31.8%

 

となっています。

 

平均して毎年約30%程度と考えて問題ないようです。

試験が難化傾向にあり具体的な科目としては物理化学がその対象となっていますが、しっかり勉強する方にとっては問題にならないレベルです。

 

 

勉強はテスト前いつから始める?

 

私の場合は 1カ月前からスタートし、1日1時間~2時間勉強時間にあてました。 

毎日5時間とか勉強時間がとれる人ならもっと短期間で合格できると思いますが、私は1~2時間が限界でした。

 

 

勉強方法は?

 

まずはテキストを購入しましょう。

私が購入したのはたった1冊で「10日で受かる! 乙種第4類危険物取扱者すい~っと合格」です。

 

これだけあれば合格できます。

ですが、実際にテキストを使用して勉強をしたことで分かりましたが、10日で合格というのは勉強時間が多くとれる人に対してです。そんなに甘い試験ではありません。

私のように1日1時間~2時間程度しか勉強時間が取れない方は、10日で受かるを間に受けずにもっと前から勉強をスタートしましょう。

 

肝心の勉強方法は、まずテキストを読みましょう。

 恐らく分からない箇所の方が多いと思いますが、分からなくてもいいから途中で読むのをやめずに1回読み切りましょう。 

その後、解説部分をしっかりりかいするようにもう1周の計2周しましょう。

テキストを読み終えるのは1週間程度が理想です。

 

2周読み終えたら問題集を解きます。

1年分解き終えたら答え合わせをして、不正解だった箇所についての解説を読んで理解しましょう。

解答が載っているページの解説のみじゃなく、ちゃんとテキストの該当ページを読んで理解することが大事です。

それが終わったらまた問題集を解き、「不正解の問題が何故間違えているのかを理解する」これの繰り返しを試験前日まで行いましょう。

問題集は80%以上は確実に取れるようになっておくことをおススメします。

 

 

まとめ

 

 テキストだけだとどうしても不安だ… という方は通勤講座を受けてみるのも良いと思います。

通勤時間にスマホで簡単に勉強効率の大幅UPが期待できます。

無料講座があるのでまずは無料講座ををお試しでやってみて必要だと有益だと感じたら継続すればいいと思います。

 

危険物取扱者乙種4類は決して難しい試験ではありませんが、勉強しないで受かる程簡単な試験でもありません。

合格率は約30%と低いですが、それはやる気のない学生が受けていることが原因だと思っています。

 

しっかり毎日コツコツと勉強することが大切です。