家トレ

ダンベルの重さの選び方は?家で使うのにチェックするポイントは5つ【男性向き】

「ダンベル買おうかな?」と考えたとき、何キロにすれば良いのか悩みますよね。

私も最初は同じように悩んでいた時期があり、最初に買ったダンベルは後悔しました。

その後悔があったからこそ、ダンベル選びについて色々分かるようになり、正しい知識が身に付きました。

この記事ではダンベル選びで後悔をしないように、「ダンベル選びのポイント5つ」と「オススメ重量」をメインに紹介します。

やんくに
やんくに
ダンベルは安い買い物じゃないので、後悔しない買い物にしましょう!

ダンベル選びのポイント5つ

ダンベル選びでチェックすべきポイントは5つのみです。

どれも知っていれば簡単なものばかりなので、覚えておくようにしましょう。

固定式ではなく可変式を買う

ダンベルには【固定式】と【可変式】があります。

↑このように重さの変更ができないタイプが固定式。

↑シャフトに入れるプレートで重さを変更できるのが【可変式】。

この2種類のうち、購入するべきは可変式です。

可変式と固定式の違い

・可変式ダンベル

⇒プレートの着脱により、重量の変更が可能

・固定式ダンベル

⇒重量の変更はできない。10kgなら10kgで固定。

筋トレは種目により、適正な重量が変わってきます。

それなのに固定式を買ってしまうと、同じ重量で全種目を行うか、何個もダンベルを買わなければいけないようになります。

可変式ダンベルなら、種目によって簡単に重量変更ができるので、家トレでは可変式ダンベル一択です。

もう少しお金を出せるなら、ダイヤル等で簡単に重量変更可能な【アジャスタブルダンベル】がオススメです。詳しくは以下の記事にまとめてあります。

【レビュー】アジャスタブルダンベルの40kgセットが快適すぎておススメ このようなことを考えている人向けの内容になります。 私自身、プレート式のダンベルを数年使用していましたが、とうとうアジャス...

目次に戻る▶▶

重ければ重いほど良い

可変式ダンベルであれば、重ければ重いほど良いです。

筋トレを始めたばかりの頃は軽い重量しか扱えないので、

片手30kg?そんなの持てないから必要ない!

と考えてしまい、もっと軽い重量を買ってしまいがちです。

私も同じことを考えて後悔しました。

扱う重量はガンガン上がっていき、すぐに軽く感じるようになります。

筋トレを続けていく気があるなら、「可変式ダンベルで重いやつを買う」というのは忘れないようにしましょう。

目次に戻る▶▶

プレートの別売りがある

必須条件ではありませんが、可変式ダンベルはプレートの別売りがあるやつもあります。

自分的には重いダンベルを買ったつもりでも、そのうち物足りなくなってプレートを買い足す機会が出てきます。

そんな時に買い足すプレートがないと困るので、プレート別売りがあるかはチェックしておいた方が良いでしょう。

必須条件ではない理由は、「別メーカーのプレートでもシャフト穴さえ同じなら使える」からです。

やんくに
やんくに
自分が買ったダンベルのシャフト径を覚えておき、同じサイズの穴があるプレートを選びましょう!一般的なサイズは28mmが多いですね

目次に戻る▶▶

素材は好みにもよる

素材は好みによりますが、家トレならラバー加工されているタイプがオススメです。

以下に素材別の特徴をまとめます。

鉄系ダンベル

(アイアンやクローム)

①無骨な見た目がカッコいい

②床などに傷をつけやすい

③着脱の音がうるさい

④比較的サイズがコンパクト

加工されているダンベル

(ポリエチレンやラバー)

①見た目がお洒落なものが多い

②床などに傷がつきにくい

③着脱音が静か

比較してみると分かりますが、アイアンなどの鉄系ダンベルは家トレには向いていません。

音が静かで傷つける心配の少ない、ラバー加工されているダンベルを選びましょう。

目次に戻る▶▶

ダンベルの重さは初心者でも可変式30kgがオススメ

男性が最初に買うダンベルは、20kg前後をオススメされることが多いようですが、個人的には30kgがオススメです。

というのも、筋トレを継続していると片手20kgで物足りなくなるのは一瞬です。

20kgを上げられるようになるのは直ぐだけど、30kgに到達するのは時間がかかります。

実際に私は20kgの可変式ダンベルを購入して後悔したので、同じ思いはしてほしくありません。

やんくに
やんくに
どうせすぐにプレートを買い足すなら、30kgのダンベルを買った方が良い!

目次に戻る▶▶

30kgを超えるダンベルは?

メリットでもお伝えしましたが、可変式ダンベルを購入するなら【重ければ重いほど良い】です。

ですが、初心者がいきなり40kgを購入しても扱うようになるまで時間がかかりすぎます。

20kgを超えるのはすぐだけど、30kgを超えるのは時間がかかるので、初期投資と考えるなら30kgで問題ないでしょう。

「予算に余裕あるよ!」

って人で、初期費用が高くついても良いなら40kgダンベルも有りというレベルです。

ダンベルの重さを選ぶポイントとおすすめ:まとめ

この記事では、ダンベル選びについて紹介してきました。

以下にポイントをまとめます。

固定式の安さに誤魔化されず可変式にするべき

・初心者だから軽い重量を買うのは間違い。可変式ダンベルなら重いまま扱うわけではない。

・家トレなら【ラバー加工】されているダンベルがおすすめ

・初期投資として買うダンベル重量は30kgがオススメ

ダンベルは安い買い物ではないので、ポイントをおさえて後悔のない買い物にしましょう!

やんくに
やんくに
この記事のポイントをおさえておえば、私と同じ後悔をすることはありません!

こちらの記事もおすすめ!