仕事

食品工場の服装にはどんなルールがあるの?ひげや化粧等の身だしなみについても説明

食品工場で働く場合と、事務や営業職などの他業種で働く場合では求められる身だしなみが違います。

では、具体的にはどんな違いがあるのか?食品工場で働くときに求められることはなにか?という疑問点を解決していきます。

食品工場の服装

食品工場の現場作業員には指定の作業服が支給されます。

↑皆さん目しか見えてませんね。このスタイルが一般的です。

・フルフードタイプの帽子

・マスク

・上下長袖の作業着

・安全靴

長髪の方は普通に被っただけでは髪が出てしまいますよね?そのままでは作業に従事できません。

帽子に髪が入りきらない場合はヘアバンドでまとめるかゴム等で結んだり縛ったりして、どうにか帽子に入れないといけません。髪の毛1本でも出ていてはいけません。

ちなみにユニフォームは肌に直接着るわけではありません。肌着着用です。

ではその肌着は支給されるのか?という疑問が生まれますね。答えは「会社による」としか言えません。

支給される会社の場合は袖等に絞りがついており、体毛の落下を防ぐ対策をしている場合が多いです。支給されない会社の場合は自前のTシャツを着用です。

【食品工場】出勤は電車?車でもいいの?服装についても解説します。食品工場で勤務するにあたり、出勤方法というのは気になりますよね。 特に交通アクセスが不便な場合は特に。 会社により規定はあり...

髪型、髪色に制限はあるの?

髪型や髪色に関して制限を設けている食品工場は少ないです。

あまりに社会人としての常識の範囲外だと流石に注意されます。髪色がレインボーとかですね。笑

よく見かけるような金髪や茶髪等は何も言われません。

色と比較すると髪の長さについての方が言われる機会は多いです。

注意されるのは帽子から髪の毛が出ている場合です。それが頻発してしまうと「帽子にしまえないなら切ってこい」と言われます。

作業に従事する際の身だしなみをしっかりしておけば文句を言われることはないでしょう。

化粧はしていいの?

女性は多少なりとも化粧をしていないと「マナーが足りない」と言われて大変ですよね。

ですが、食品工場の場合は過度な化粧は厳禁です。

例えば香水はよく思われません。製品に匂いがうつる可能性があるからです。多少なら問題ないでしょう。

つけまつげ等の食品に混入する可能性があるものは厳禁です。それならコンタクトは?と思うかもしれませんが、コンタクトはNGです。出勤時はコンタクトでも良いですが作業に従事する時はメガネ着用になります。

つけまつげとかは正直責任者にバレない可能性はありますが、ネイルは絶対バレますし作業者としてはあり得ません。ネイルをしてきた場合は作業に従事できません。帰らされるかもしれません。

色々言いましたが、あくまで過度な化粧や付け物はNGなので、常識の範囲内で化粧する分には何も言われません。

ひげはOK?NG?

前項までは女性に関して色々取り上げましたが、男性といえば髭ですね。

正直毎日剃るのは面倒ですが、食品工場の作業者として髭はNGです。毎日ツルツルにしましょう。

おしゃれ髭とかしたいと思っている人は食品工場に勤めるのに向いてません。大人しく違う業種を考えましょう。

まとめ

製品に入ってしまう可能性はなるべく排除するという観点でルール決めをしています。

なので当然ピアスや指輪、腕時計、ネックレス等の装飾品もNGです。

ですが、出勤時は何つけてようが何も言われません。作業場に持ち込まなければいいのです。

24時間お洒落して決めていたい!と思う人には向かない職場ですが、作業場外ではかなり緩い事が多いのが特徴でしょう。

工場ワークなら【お仕事情報ネット】
食品工場は離職率が高い?現場作業員が食品工場の実態を紹介食品工場は離職率が高いと言われていますね。これは正社員、契約社員、派遣、バイト関係なくです。 友人に食品工場で働いている人が多く、...
「食品工場」ライン作業の実態は?現役作業員が教えるライン作業とオペレーター業務ライン工場に勤務してから9年 ライン生産方式を採用している会社に就職、転職を考えている人の参考になればいいなと思い記事にしまし...
こちらの記事もおすすめ!