グルメ

雪見だいふく「ほうじ茶」は美味しいので無くなる前に買うべき

雪見だいふくの期間限定味「ほうじ茶が美味しすぎた」

 

年末年始の買い物にスーパーに行って、アイスコーナーを見てたら雪見だいふくのほうじ茶味が出てるじゃないですか!

雪見だいふく大好きなので、これは買うしかないなと即購入しました。

安易な考えかもしれませんが、雪見だいふくと伊藤園という安心感は半端じゃないですね。

 

ところで少し話がそれますが、雪見だいふく公式でやっていた「それ、一個ちょーだい問題」の結果が出ましたね!

結果としてはあげる派が70%、あげない派が30%でした。

あげる派が勝つとは思ってなかったです。みんな優しいですねぇ。

 

さて、ほうじ茶ですが見た目では分かりませんね。

割ってみます。

付属のくし?フォーク?で割ってみました。(思ったより上手く出来ませんでした

これがパッケージに印刷されてるイメージ図ですが、ほうじ茶餡の割合はしっかりイメージ図と同じに感じました。

味についててすが、周りを包んでいる餅の部分に関しては良くも悪くも普段通りの雪見だいふくクオリティを保ってくれてます。

ほうじ茶アイスの部分は爽やかながらしつこい甘さはないので食べやすいです。

その分、餡の部分が濃いめに出来ており、餡も一緒に口に含むと更にほうじ茶の香りが広がり、本格的なほうじ茶をアイスに閉じ込めたという感じがします。

 

まとめ

雪見だいふくの「ほうじ茶」味は名前に恥じないというより想像以上にほうじ茶の香りが口に広がります。

雪見だいふく好きは勿論、お茶味が好きな人も満足できる完成度になってます。

期間限定なので、いつか無くなるのが悲しいですね。翌年もまた発売してほしいです。

こちらの記事もおすすめ!