旅行記

おススメスポット 目を疑う神秘 ユーシン渓谷

※本記事は2017年10月に行った際の記事です。2019年1月より通行止めになっているそうです。復旧見込み等の詳細は下記のリンクでご確認してください。 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/m2g/cnt/f417344/kurokurarindoh_closed.html  

ユーシン渓谷までの道のりは長い
ユーシン渓谷は目的地まで公共の交通手段があるわけでも、車で向かうこともできません。丹沢湖周辺に駐車場があるのでそちらに停めることになります。駐車場は観光地特有の雰囲気でいくつかあるので、駐車場所に困ることはあまりないと思います。
 
かなりのんびり歩いたので参考になるか微妙なところですが、私の場合は片道2時間~2時間半程度でした。(※通常は入口からユーシンブルーまで約1時間ちょっとのようです)
何故のんびりかというと目的地に着く前なのに既に綺麗なスポット盛りだくさんだったので、見惚れたり写真撮ったりしてたらそんな感じに、、、。
↑駐車場近辺にガイドマップがありました。
道のりが遠いのが再確認できる感じですね。笑
 
駐車場降りてすぐに橋がかかっているんですが、そこからの丹沢湖を含む景色がとても綺麗だったのでパシャり。
 
綺麗なだけじゃない道のり
少し歩いていると、ユーシン渓谷のハイキングコース入口の看板があります。
そこに驚愕の看板も一緒にたってました。
まさかの熊注意報発令。笑
特にどうすることも出来ないんですが、一応気を付けようと思いました。
 
ハイキングコースに入ると正に「林道」といった感じの道が続きます。
大自然を身体に受けている気がして、気持ちがいいです。
 
しばらく進むとトンネルがあります。
トンネルは計3回ありますが、このトンネルがとても怖いです。
何が怖いかって文字通り「真っ暗」です。
先が見えるトンネルもあれば見えないトンネルも。
懐中電灯を持ってこなかったのが悔やまれます。
でもそんなときに便利なiPhone!意外と明るいライト機能。
忘れた人はiPhoneで代用できると思います。
 
途中このような標識もありました。
こういうのって、
「ユーシン渓谷にきたなー!」
ってわかりやすく実感できるから個人的には結構好きです。
 
 
とうとう目的のユーシンブルー
目的地のユーシンブルーがあると有名な玄倉ダム。
さあいざユーシンブルー!と思い期待してましたが、
「あれ?意外と青くない?途中に見えてたのとあんま変わらんな」
これが素直な感想でした。
ですが、そこで終わりにしなくてよかったです。
下調べが甘かったですが、もう1箇所スポットがあるようで、
更に進みます。
気づかせてくれたのは人の流れでした。
なんか奥に進んでる人結構いるよなぁと。
 
進んだ先に待ち受けていたのが私が臨んだユーシンブルーでした。
写真じゃ伝えられないほど綺麗でした。想像以上に透き通っており、長い道のり歩いて
良かったと絶対思える景色であると保証します。
 
まとめ
ユーシンブルーだけじゃなく、道中も楽しめるのでデートスポットでも家族連れでも、勿論一人で行くにもおすすめのスポットです。
日帰り旅行にぴったりなので是非一度訪れてみてください。
こちらの記事もおすすめ!