雑学

夫婦である以上別居中でも生活費用の分担はしなければいけない

離婚が成立する前の別居中は生活費を払うべきか?

 

離婚寸前だが、離婚条件に対してどちらかが不満に思ってたり、その他諸々の理由でお互いの合意が得られない場合は一時別居という選択肢が出てくると思います。

そのまま離婚が成立しない場合は離婚調停に持ち込む形になり、家庭裁判所に入ってもらい円満に離婚できるように話し合いが行われます。

この離婚調停中であっても夫婦間には「婚姻費用」が発生します。

婚姻費用とは

婚姻中に必要な生活費。

衣食住の費用、医療費、養育費、医療費等を含む婚姻中に発生する費用の総称。

 

この婚姻費用をそれぞれの収入を考慮した上で夫婦で分担し、協力して扶助する義務があります。

 

実際円満に同居している間は当然のごとく行っていることなので疑問に思いませんが、結婚生活では普通の事です。

この義務に関しては仮に「妻又は夫どちらかが勝手に子供を連れて同居を開始したとしても発生します」

これは離婚が成立しない限りはずっと発生しつづけます。

 

男性が女性に払うわけではない

こういう場面はドラマとかテレビの影響でしょうか?男側がやたら払っているイメージですが、決して男性が女性に払う制度ではありません。

どちらが払うかというと、夫のほうが収入が多ければ、別居した妻に婚姻費用の分担分を支払わなければいけません。

逆もまた同じで妻の収入が高ければ夫に払うことになります。

要は収入の多い少ないでどちらがどちらに払うかが決まります。

 

ですが浮気が原因の場合は請求が認めれらないことも多々あるようです。

その場合は最低限の生活に必要な婚姻費用分担のみ行うべきという判例もあるようです。

 

 

では実際発生する婚姻費用はどの程度か?

この金額については婚姻費用算定表で計算することができます。

↓裁判所公式HPにあります

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

 

ここで算出された額から浮気等により減額されることがあります。

 

この婚姻費用のシステムはスムーズな離婚を促す効果もあります。

というのも、離婚せずにこの関係を続けているより、離婚した方が出費が明らかに下がるからです。

離婚した後は子供の養育費だけになりますからね。

 

この婚姻費用をダラダラと払い続けるくらいならと離婚する人も多いようです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!