結婚生活

プロポーズは色々悩む

プロポーズを考え始めた頃

同居生活を続けて約2年を経過した辺りで、そろそろプロポーズしようかなと。

何がきっかけだったとかはないんですが、この人となら一生一緒に頑張れるなと思うようになったからだと思います。

 

さてプロポーズですが、憧れはやはり 「片膝ついて指輪ドーン!!」 ですよね。笑

ですが、指輪は付き合った当初から指定されていたものがあったんです。 それがなんと神戸のお店にしかない、、、。

同棲しているとこれはハードル高すぎるなと断念。

指輪でプロポーズはできないとなったら次に考えたのは「花束」でした。

私に奇抜なアイディアは浮かびません。

バラの選び方

花束といったらキザですがバラ。 これ一択だと思っています(世間ではそうでもないと思います)。

バラの花束といえば本数により意味が変わってくるんです。

送ろうと思って調べてから初めて知りました。

 

<↓バラ 花束 意味>※ウェディングパークより引用

1本 ・一目ぼれ ・あなたしかいない

2本 ・この世界は二人だけ

3本 ・愛しています

4本 ・死ぬまで気持ちは変わりません

5本 ・あなたに出会えた事の心からの喜び

6本 ・あなたに夢中・お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう

7本 ・ひそかな愛 8本 ・あなたの思いやり、励ましに感謝します

9本 ・いつもあなたを想っています・いつも一緒にいてください

10本・あなたは全てが完璧

11本・最愛

12本・私と付き合ってください

13本・永遠の友情

21本・あなただけに尽くします

24本・一日中思っています

50本・恒久

99本・永遠の愛、ずっと好きだった

100本・100%の愛

101本・これ以上ないほど愛しています

108本・結婚して下さい

365本・あなたが毎日恋しい

999本・何度生まれ変わってもあなたを愛する

 

 

この中から自分なりに合っていると思ったものを選びました。

5本 ・あなたに出会えた事の心からの喜び 率直に自分の気持ちを表してくれていたのでこれに決めました。

バラはバラでも種類は多様
バラに限らず、花束には大きく3種類あるようで
①生け花
②プリザーブドフラワー
③造花
①生け花
メリット:お花の香りや色の鮮やかさ、一点もの。
デメリット:枯れる
②プリザーブドフラワー
メリット:保存方法により3年程度もつ(長持ち)
デメリット:保存方法を誤ると長持ちしない
③造花
メリット:他と比べ保存に気を使わないで良い。いつでも準備できる。
デメリット:所詮作り物という世間的なイメージが拭い切れていない。
私は②プリザーブドフラワーを選びました。
理由としては、贈り物は一定期間でもいいから綺麗な状態で保存して、時々みて思い出に浸りたいです。
また、違うタイミングならいいと思いますが、造花でプロポーズされたというエピソードを考えてみると少し悲しいのかなと。
造花のイメージがぬぐい切れていないのは私もです。良くないですね、改善したいです。
プリザーブドフラワー選び
「プリザーブドフラワー プロポーズ」で検索してみたら、出る出る凄い出てきます。
その中でも目に留まったのがこちらのサイト。
・プリザーブドフラワーギフト 花STORY
丁度探していた5本の花束があったのがでかいですが、その他にもメッセージカードの付属や専用の保存ケース(別売り)やピックやストーンetc….
色々選べたのもいいです!というわけでここで購入。
渡し方を考える
まず考えたのが場所でした。候補としては
・レストラン
・遊園地(ディズニー等)
・夜景
・家
・ホテル(旅行先)
私が思いつくのはこのあたりでした。
自分的には家はないかなと思ったんですが、一生に一度のことなので失敗したくありません。
というわけで異性の友達にプロポーズの場所はどこがいいかを聞いてみたら、「家はなし」という意見が大多数を占めたので、家は候補から消しました。
あとは遊園地やレストランは人目を気にする人なら嫌なのでは?という意見もあったのでそれを参考に候補を消して残ったのが、①ホテル ②夜景 のみとなりました。
最後は自分の感覚を信じて②夜景にしました。夜景の方がロマンチックじゃないですか?笑
ただそれだけの理由で最後は選びました。
というわけで旅行の帰りに夜景が綺麗な場所に寄って、バラの花束と一緒にプロポーズとしました。
本番当日
ゴールデンウィークの日帰り旅行をした帰りに渡すことにしました。
問題はどうやってさり気なく夜景スポットに連れていくかだったのですが、私はラッキーでした。
なんでかというと流石ゴールデンウィークといわんばかりの渋滞が発生してました。そのおかげで途中まで頑張ってた彼女はノックダウン、寝てる間に連れていくことができました。
私は神奈川在住なので夜景といえばベタですが「ヤビツ峠」にいきました。
そこから到着してしばらくは夜景を楽しみ、そろそろ帰るかー!というタイミングでおもむろに花束を車から取り出して、シンプルに結婚してくださいといって渡してOKをもらいうました。
…..サラサラ書きましたが!失敗しました!後悔が2点あります。
①片膝つくの忘れた
②チワワかよってくらい震えた
②はあがり症なのでしょうがないかもしれないですが、片膝はできたなぁと。
これからプロポーズする人は「もう大丈夫だろう」と思ってから更にイメトレを繰り返すことをおすすめします。笑
あがり症だなんだという言い訳をせずに一生に一度なんだから頑張ってよかったと思える結果になって本当に良かったです。
こちらの記事もおすすめ!