バイク

バイクのチェーンメンテナンス方法を解説、バイク乗りならクリーナーとルブは必須アイテム!

バイクのチェーンメンテナンスってやっていますか?

私はこまめにやるようにしています。

たかがチェーンと侮るべからず。チェーンにより重大な事故に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

 

バイクのチェーンメンテナンス

そもそもチェーンのメンテナンス時期はご存じでしょうか?

チェーンの注油時期目安は500km〜1000kmです。

その際にチェーンの張り具合も確認するとなお良しですね。

 

チェーンルブとチェーンクリーナー

チェーンに注油するタイミングは分かりましたが、そもそも道具を持っていないとメンテナンスすることは出来ません。

最終的にチェーンクリーナーはこちらの商品に落ち着きました。

この容量でこの価格はコスパ最強です。使用感も良いので、この商品を使ってからは他のを使う気にはなりません。

チェーンルブもせっかくならとメーカーを揃えて使用しています。

KUREと比較すると少々値段が高いんですが、ワコーズのチェーンルブも使い心地やパフォーマンスが高いのでオススメです。

チェーンクリーナー用のブラシも同時に購入しましょう。

作業の捗り具合が段違いで変わります。

チェーンメンテナンス方法

早速バイクに吹きかけていってもいいてすが、当然地面がビチョビチョになります。

濡れても良い場所に新聞紙をひいてから作業を開始することをオススメします。

作業手順

まずはチェーンクリーナーをチェーン全体に吹きかけます。

全体をブラッシングしていきます。

残っている汚れや液を拭き取ります。この拭き取りに使用するものはキッチンペーパーがオススメです。キッチンペーパーの吸収力は素晴らしいものがあります。

チェーンクリーナー作業手順まとめ

①バイク下部に新聞紙をひく

②クリーナーをチェーン全体に吹きかける

③ブラッシング

④拭き取り(キッチンペーパー)

 

次はチェーンルブを注油していきますが、基本の流れはチェーンクリーナーと変わりません。

チェーンルブの作業手順

①バイク下部に新聞紙をひく

②チェーンに注油

③10から30分程度放置

④不要な箇所の拭き取り

③の放置時間が入るのと、キレイにしているわけではないのでブラッシングは必要ありません。

効率を求めるならスタンドの購入を検討すべき

毎回クリーナーの時から思うのが、

「チェーン見えない箇所多すぎ!!」

 

私が乗ってるのはCBR250Rなんですが、見えてる箇所吹きかけたらバイクを動かして、また吹きかけてを繰り返すことになります。

このようなスタンドがあると作業が捗ること間違いなしです。

毎回「買えば良かった!」と後悔して、次回になると買い忘れるというアホみたいなことしてるので次は購入します。

終わりに

チェーンメンテナンスは疎かになりがちですが、疎かにしてはいけない代表でもあります。

走行中にチェーンの異常が起きた場合は最悪死亡事故にも繋がります。

適切なタイミングでメンテナンスすることを意識しましょう。

 

こちらの記事もおすすめ!