雑学

ジューンブライドの由来は?何故幸せになると言われているのか。

結婚式を挙げる立場になって分かる6月事情

 

今年結婚をして、最近は結婚式場選びや時期を決めたりしてます。

実際に式場で予約をするまでは6月の花嫁「ジューンブライド」が一番人気の時期だと思っていました。

ですが、私が予約した式場の方が言うには6月より10月~11月又は3月~4月の方が人気だとのこと。

確かに実際予約する立場になると「ジューンブライド」という言葉の響きはステキですが、梅雨というシーズンの方が気になってしまい、6月は敬遠しました。

 

なのに何故「ジューンブライド」は幸せになるといわれているのか?

このようなジンクスが広まったルーツを辿ったところ、欧米にあるようです。

由来には様々な説があります。

 まず一つ目は 6月を表す「June」という単語ですが、これはローマ神話で結婚の守護神であるユノー(又はジューノ)orギリシャ神話ではヘラに由来している為、それにあやかり6月を守護しているということから祝福の意味も込めているのが一つです。

 

 

 二つ目は 、かつてヨーロッパでは農作業に忙しい3月・4月・5月は結婚が禁止されていました。6月を待って結婚式を挙げることが多くなっていた為、周囲の祝福も多く、挙式にふさわしいシーズンとなったのが二つ目の説です。

 

 三つめは 、日本とは違いヨーロッパではこの時期に晴天率が一番高くなることが三つめの説です。

 

 

日本では6月といえば梅雨シーズンで連日雨が珍しくありません。

招待客も新郎新婦からしてもお世辞にも雨は嬉しくないですよね。

ですが、そういうジンクスを信じて行う新郎新婦もいるので、雨でも祝福する気持ちは変わらずに参列したいですね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!