雑学

お中元とお歳暮は両方贈るべきか?贈る時期は?

お中元とお歳暮を送るルールは?

 

夏にお中元を贈りましたが、この時期になると考えるお歳暮。

これってどちらかだけでいいの?と会話のネタになっているのをよく聞きます。

確かに夏にお中元を送ったら、なんとなくお歳暮も送らないと気まずい気がしますね。

 

お中元とお歳暮の贈る時期は

お中元→7月初旬から8月中旬

お歳暮→12月10日から20日

※地域性で若干の違い有り

 

さて肝心なところのどちらを贈るべきか?ですが、基本的にはどちらかを贈ればいいとされています。

どちらかを贈ればいいそうですが、片方贈るのであればお歳暮を贈る方がマナーとしては良いようです。(どちらでもいいことに変わりはない

 

そもそもお中元やお歳暮は必ず送らなければならないというわけではありません。

日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るものなので誰彼構わず贈らないように注意しましょう。

 

 贈る人の候補

会社関係、恩師、両親、義父母、親戚関係etc  

 

どちらかを贈ればいいと言われても逆に困るのではないでしょうか?

「じゃあどっちを贈ればいいの?」と。

お中元とお歳暮に関しては特にどっちが優先とかはないので、これに関してもどっちでもいいです。

相手の都合は分かりにくいと思うので自分が贈りやすい方を贈るべきです。

ただし、一度お中元を贈ったら次回以降もお中元で統一した方がいいです。

考えてみてください。毎年お中元とお歳暮がランダムに贈られてきた場合、お返しを用意するのが非常に面倒になりませんか?

そのあたりも考慮してどちらかに統一した方がいいです。

 

贈るのをやめてもいいのか?

 

この人にはそろそろ贈るのやめようかなとか、経済的に厳しいので全員に贈るのをやめようと思ったりすると思いますが、急にやめるのは気まずいですよね。

毎年届いていたのに急に届かなくなってたら相手も驚いて、むしろ心配してしまうかもしれません。

 

ではどうやってやめるのか?

これに関しては徐々に減らしていくのがベストです。

例えば今までは5000円の品を贈っていたのを3000円にし、その次はお礼状を贈るみたいな流れが自然になります。

まとめ

お中元とお歳暮はどちらか一方でいいですが、お中元のみよりはお歳暮のみの方がマナー的には良い。

やめるときは段階を踏んで徐々にやめましょう。

こちらの記事もおすすめ!