イタリア

【感想】カンフィレンスフロレンティアホテルに泊まってきました!【紹介】

JTBのツアーでヨーロッパ周遊に行ってきました!

フィレンツェを訪問した時、「カンフィレンスフロレンティアホテル」に宿泊したので、ホテルの印象や無料サービス、部屋の雰囲気などをまとめていきます。

・フィレンツェで宿泊するホテルに悩んでいる

・ツアーで組まれているホテルに「カンフィレンスフロレンティアホテル」があった

・フィレンツェのホテルがどんな感じか知りたい

このような人向けのレビューになります。

やんくに
やんくに
良くも悪くも安定したクオリティでした!

カンフィレンスフロレンティアホテル

ツアーで配られた旅程表には「コンフィレンスフロレンティアホテル」と記載がありますが、検索すると「カンフィレンスフロレンティアホテル」とすると出てきますね。

どっちなんだろうか…。

アクセス

所在地:Via Giovanni Agnelli 33, フィレンツェ イタリア

アクセス(徒歩):アメリゴ・ヴェスプッチ空港10km、ガリレオ・ガリレイ国際空港72km

チェックイン

 

チェックインはJTBの添乗員さんが行ってくれたので、自分ではしていません。

ホテルの内装は大理石が目立つ感じで、ちょっとした高級ホテルのようなイメージですね。

汚くなく、清潔にしてあるので好印象です。

部屋について

部屋の第一印象は「完全にビジネスホテル」です。

綺麗ですし、部屋の広さも充分なので、寝たり荷物整理したりするのには不便しません。

不満なのは「照明が少なく弱かったので、照明を全部つけても部屋は暗いまま」だったことです。

やんくに
やんくに
ん?暗くね?と感じる程度ではありますね

テレビは小さめのサイズが1台あります。

24インチくらいかな?懐かしのブラウン管テレビですね。

テレビをつけてもイタリア語のオンパレードなので、見ないテレビは重要視してません。

部屋内に小さめの冷蔵庫があり、一本水のサービスがあります。

 

クローゼットがあり、ハンガーもあるので、衣服をかけておくのに不便は感じませんでした。

ロックできる保管庫が設置されてるけど、ツアーの添乗員さんによると、安全じゃないから使用しない方が良いとのこと。

やんくに
やんくに
貴重品は持ち歩こう!

海外のコンセントは要注意

忘れちゃいけないのがコンセント事情です。

イタリアのコンセントは日本と形状も電圧も違うので、イタリア用に変換プラグを購入する必要があります。

私は変換プラグを忘れずに持って行ったからいいものの、持ってないと絶望を味わうことになると断言できます。

差し込み口の多い変換プラグを持っていったことにより、コンセント関係で不便は感じませんでした。

一個持っていくだけで済むので、変圧器を持っていない人は「Evershopの変圧プラグ」がオススメです。

コンセントの差込口2つ、USBの差込口2つという優れものです!

やんくに
やんくに
イタリアとフランスで実際に使用したら快適でした!

不安な方はたこ足コンセントも持っていけば、コンセント事情は解決します。

お風呂&トイレ

ホテルでは定番のユニットバスです。

トイレっぽいのが2つありますが、トイレとして使用できるのは便座カバーがついてる方です。

右側のカバーすらない謎の設備は「ビデ」と呼ばれており、欧米の国では高確率で設置されています。

足やデリケート部分、靴やモップ等を洗ったりするときに便利な設備です。

やんくに
やんくに
間違ってもビデをトイレ用途に使用してはいけませんよ!

ロビー同様に、風呂場の雰囲気も大理石調でお洒落でした。

お風呂は可もなく不可もなくといったところで、唯一の不満はシャワーの勢いが弱いことでした。

ただ、ヨーロッパ周遊中のホテルはずっとシャワーの水圧が弱かったので、ヨーロッパ標準程度はあったんだなと思い返しました。

ちなみに、バスタオル2枚、タオル2枚、敷きタオル1枚が用意されているので、タオルには困りません。

連泊する場合、使用済みのタオルはバスタブの中に乱雑に入れておきましょう。

アメニティ関係は日本と比べると弱いです。

持っていった方が良い物

・シャンプー

・リンス

・洗顔料

・ひげそり(クリームも)

・歯ブラシ

シャンプーとボディソープは置いてあるけど、不思議な匂いなので、好き嫌いが分かれます。

洗顔料、ひげそり、歯ブラシは置いていないので持参必須です。

ドライヤーは置いてあるので、こだわりがなければ持っていく必要はありません。

やんくに
やんくに
綺麗に置いておくと、また使うと思われて交換してくれません

カンフィレンスフロレンティアホテル:部屋の感想まとめ

日本で有名な大手ビジネスホテル「東横INN」「アパホテル」のようなイメージです。

やんくに
やんくに
ビジネスホテルに泊まると考えればOK!

海外のホテルだと清潔面で気になったり、システムが分からなくなったりする心配がありましたが、特に不便なく過ごすことが出来ました。


おまけ:朝食

朝食はビュッフェスタイルです。

クロワッサン、ハム、たまご、ベーコンがメイン食といった感じですね。

特にハムは何種類もあるので、ハム好きは大歓喜間違いないでしょう!