仕事

「食品工場」ライン作業の実態は?現役作業員が教えるライン作業とオペレーター業務

ライン工場に勤務してから9年

 

ライン生産方式を採用している会社に就職、転職を考えている人の参考になればいいなと思い記事にしました。

私は食品関係のライン工場に就職してから9年が経とうとしています。約10年ですね。そんな経験を活かし、その間にどんな作業をしたか、ライン工場における正社員、派遣の立場を紹介します。

 

ライン工場とは?

ライン生産方式(ラインせいさんほうしき)とは、ある期間において、単一の製品を大量に製造するための方法。大量生産を行う工場で製品の組み立て工程、作業員の配置を一連化(ライン化)させ、ベルトコンベアなどにより流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を行う作業である。いわゆる流れ作業。またライン作業とも呼ばれる。別名で、量産方式ともいう。セル生産方式、ラインレス生産方式の対立概念である。

※Wikipediaより

 

簡単にいうと、 複数の作業員がそれぞれ別の単純作業を行い、1つの製品を作り上げていく 流れ作業です。

よくテレビとかで見る、目の部分しか出てない真っ白な作業着で、仕分け作業や箱詰め作業をしている人達ですね。

 

正社員と派遣で作業内容は変わるのか?

 

これに関しては募集要項によると言わざるを得ません。

ですが、私が勤務している会社もそうですし、見学した会社の多くは以下のような作業内容に別れていることが多いです。

正社員=機械オペレーター

派遣=ライン作業

 

機械オペレーターとは?
ラインに流れている製品となる物を作る設備や機械の管理・操作を担当する人です。監視業務を主とする作業員

急に出てきた単語「機械オペレーター」。私も正社員として機械オペレーター作業に従事しています。

「じゃあ機械オペレーターとして就職したら、ライン作業はしないね!」

…と思うかも知れませんが、それについて私はNOと答えます。

仮に人手が潤沢な工場があるとしたら答えはYESとなるでしょう。でも多くの工場が人手不足を嘆いているのが現実です。

その中でライン作業者が急に休んでしまったら?トイレや休憩は?等の問題が出てきます。人手不足を埋めるために機械オペレーターがライン作業に従事するパターンはよくあります。

なので、機械オペレーターとして就職した場合は丸一日ライン作業に従事する事は稀ですが、ライン作業をしない訳ではないと思っておいた方が懸命です。

 

ライン作業の向き不向き

ライン作業に向いている人

 ①長時間の単純作業 

→数時間同じ作業に従事することはザラです。長時間強制的に拘束されるようなものなので、苦手な人には耐えられません。

 ②妄想が得意 

→単純作業なので、慣れてしまえば色々と考える余裕があります。妄想などポジティブな考え事が得意な人ならあっという間に時が過ぎるでしょう。

 ③一つの作業を極める気持ちがある 

→単純作業とはいっても正確さは求められます。いかに早く綺麗に出来るか極めてやる!みたいな向上心があると作業が楽しくなります。

 

ライン作業に向いていない人

 ①ネガティブ思考 

→慣れてくると考え事をしている時間が自然と増えてきます。ネガティブ思考が強すぎると、どんどん深みにはまってしまいます。

 ②人と関わる仕事が好き 

→作業中は基本的に一人です。誰かと話す機会なんて休憩中以外ほとんどありません。

 ③身体を動かす仕事が好き 

→単純作業で体力が必要なく、指先での作業になることもあります。身体を動かしていないと落ち着かない人からすればストレスは凄いでしょう。

 ④毎日違う刺激を求めている 

→作業は色々あります。でも慣れてしまえば全て同じに感じます。単純作業とはそういうものです。

 

オペレーターの向き不向き

 

オペレーターに向いている人

 ①力仕事が苦にならない 

→製品になる為の原料を運んだり、機器の運搬をします。私の場合は約25kgあたりのものを頻繁に運んでいます。

 ②機器をいじるのが好き 

→簡単なメンテナンスだとオペレーターがやることになります。機械を分解したり組み立てたりすることが好きな人は楽しいでしょう。

 ③毎日同じ作業が苦にならない 

→品質を保つために作業手順が決められています。基本的には決められた手順に従い作業するので毎日が似たような作業になります。

オペレーターに向いていない人

 ①暑さに弱い 

→工場の多くは空調設備が機器の発する熱に負けて暑くなっています。暑い中で作業出来ない人は難しいでしょう。

 ②毎日違う仕事がしたい 

→向いている人で記載した通り、手順通りに作業を行う毎日が待っています。

 ③改善意欲がない 

→基本の手順はありますが、その作業手順を改善し、より良いものにすることが必要です。現場では常にそういう意識をもった人間が評価されます。改善意欲も無くダラダラ仕事をしていると一向に評価は上がらず、下手すればオペレーター希望で入社したにも関わらずライン作業者という扱いになります。

 

勤務体制は?

 

勤務体制についてはこちらの記事にまとめてあります。

2交代勤務はきつい?現役作業員がメリット、デメリットを紹介します交代勤務を続けて感じたこと   交代勤務のメリットとデメリット こんな感じかなと思います...

ライン生産の工場は、多くが交代勤務を取り入れています。

3交代だったり、2交代だったりはしますが魅力はあまり感じません。

交代勤務を取り入れていない工場があればそちらを試しに受けてみるのはどうでしょうか?

 

 

まとめ

一言でまとめるなら、「長時間の単純作業余裕!!!」と思う人は向いています。

今すぐに就職or転職しちゃいましょう。

私は仕事内容に関しては向いていると思いましたが、結婚してから交代勤務が辛いです。

交代勤務は想像しているより、重要な要素であることは間違いありません。

企業選びの際に参考になれば幸いです。



食品工場は離職率が高い?現場作業員が食品工場の実態を紹介食品工場は離職率が高いと言われていますね。これは正社員、契約社員、派遣、バイト関係なくです。 友人に食品工場で働いている人が多く、...
食品工場の服装にはどんなルールがあるの?ひげや化粧等の身だしなみについても説明食品工場で働く場合と、事務や営業職などの他業種で働く場合では求められる身だしなみが違います。 では、具体的にはどんな違いがあるのか...
こちらの記事もおすすめ!